あいさつ

ボスのまえがき 進藤幸彦

日に日に自由でグローバルになって行く私たちの活動の足跡から、さまざまな可能性、光の散乱と、さまざまな没落、悲鳴が砂塵のように湧き起こっているのが見えます。

各民族が、工業化社会以前に持っていたもの、美術や音楽や、衣食住の民俗の中に伝えていた異なった直感やイメージ、シンボリックなモチーフは、今や人類の、最後の聞き取りにくい、遺言のように消えていこうとしています。

それを私たちの眼でとらえ直し、失いかけた伝承とモチーフの力と活気を取り戻す―そして、私たちの生活をいろどると同時に、現地のハンディクラフト産業を砂塵の後に形づくっていければと、願っています。

その国の人々にさえ、愛される、新鮮でしかも伝統的なものが生まれ、世界中に輸出される事もあり、逆にただの委託生産品や、目先が変わっただけの新製品になってしまうこともあります。自分たちはプロデューサーなのか、バイヤーなのか、企画デザイナーなのかまたは広い意味でのコンポーザーなのか、名付けるのに困るところです。しかも私たちは、これらの商品を全国の小売店に卸することや、直営店で小売りすることによって、直接ユーザーの反応に触れたりします。つまりセールス・クラークでもあります。

どちらに比重があるというより、こういう全体をつかんで自分の持ち場を知っている個人個人が集まって、あっちに引っ張りこっちに引っ張り、しかしトータルにはアメーバのように前進して進んでいくのが私たちの組織です。

忘れてはならないのは途上国で誠実に民芸を支えている、無数の小さな工房を私たちが支え、同時に私たちの生活も彼らの仕事で支えられていることです。

取締役会長 進藤 幸彦

九州唐津出身。浦和高校を経て昭和40年東京教育大学文学部史学方法論民俗学専攻科卒業。在学中は創作舞踏部に所属。日本民俗芸能をフィールドワーク。昭和44年よりトルコ政府給費生としてトルコ民俗芸能の調査留学。昭和48年東京私立本郷高校を退職。
昭和52年本社設立と同時に代表取締役に就任、平成22年に取締役会長に就任、現在におよぶ。著書「フォークロア世界への旅」「世界民芸曼陀羅」(共に毎日新聞社)、「世界の不思議なお守り」(平凡社)「詩でたどる日本神社百選」。
(日本民俗学会会員、日本トルコ協会会員、日本ネパール協会会員、中華街発展会理事、南門シルクロード会顧問)

代表取締役 進藤幸彦(BOSS)

統括から 進藤さわと

世界各地、それぞれの土地から芽生え、気候や地理的制約を受けながら、長い歴史を経て受け継がれていく。そうやって各地域で独自のフォークロアがうまれ、そこには独自の感性や精神性、生活習慣、伝承技術、儀式や芸能、さまざまな形をなし次世代に継承されてきました。

自然とともに歩んだ原点を脈々と受け継いでいるフォークロアには、人間らしい息づかいが満ち溢れ、近代に生きる私達に何かを投げかけてきています。

アミナコレクションは1976年以来の長きにわたって、その活動の範囲を拡大してきました。これから先もフォークロアを理念とするアミナコレクションが身を挺することにより、何ができるのか。私は会社をリードする立場として、アミナコレクションの担う使命について考え、遂行して行きたい。

代表取締役社長 進藤 さわと

平成10年慶應義塾大学理工学部応用化学科を卒業し、アミナコレクションに入社。貿易部、物流部、システム管理、サポート部部長、仕入委員長、店舗部長を歴任し、平成15年に統括に就任。平成17年に取締役になり、現在にいたるまで、店舗展開戦略、店舗運営網構築、本部制導入、MD部・新事業部創設など企業戦略を主導。平成22年に代表取締役社長に就任、現在におよぶ。

統括・取締役 進藤さわと