会社案内

シルクロードシルクロードシルクロードシルクロード

シルクロード

会社理念WALK WITH THE SUNで掲げられている言葉に沿って、本部オフィスのデザインから働き方まで、人間らしい感受性と活力に溢れるオフィスを目指しています。

そしてあらゆる面で働く人が働きがいを感じる職場にしていくプロジェクト「WORK WITH THE SUN」を推進していきます。

シルクロード

シルクロード

アミナコレクション本部オフィスは、横浜中華街の南門シルクロード通りに面したビルにあります。

横浜中華街の「中国」と、元町の「ヨーロッパ」をつなぐ通りを、実際に中国とヨーロッパをつないだ「シルクロード」にちなんで命名したのは創業者・進藤幸彦でした。交易により人と物と文化が行き交っていたシルクロードの活気をテーマに、本部オフィスはデザイン・運用されています。

どこまでも続くシルクロードのようにデスクを蛇行させて配置し、一体感を創出。その合間を縫うように遊牧民族の住居「パオ」に見立てたコミュニケーションスペースを点在させています。

そして大陸を旅するように部族単位(チーム)で季節ごとに移住を繰り返していくグループアドレスを採用。移住のたびにいろいろな部署の人との接点が産まれ、多彩なコミュニケーションの場となり、風通しの良い職場を目指しています。

シルクロード

シルクロード

菩提樹を模したスペースでくつろぎながら

シルクロード

菩提樹

お釈迦様がこの樹下で悟りを開かれたことで知られる菩提樹は、大きく枝を広げて太陽の光を受け止めています。そうして広くできた木陰には、憩いの場として人々が集まってきます。

シルクロード

少人数でのコミュニケーションに適した「パオ」

シルクロード
パオ

遊牧民が使用している伝統的な移動式住居のこと。組み立ては、20分から1時間程ででき、頂点部は換気や採光に用いられるよう開閉可能な天窓になっています。

シルクロード

シルクロード

絵師キーヤン氏による壁画が描かれたエントランスホール。36頭の象が訪れる人に活力を与え、感性を刺激します。制作時には社員も参加してキーヤン氏とともに筆を入れています。

見るたびにどんな会社であるべきか、どんな人間になって欲しいかが再認識できる活力溢れる壁画。

シルクロード

シルクロード

中央にそびえる菩提樹は、横浜在住のアーティストが制作。企画部スタッフがバリで買い付けた照明や家具とともに、温もりのある心地よい雰囲気を演出しています。

大きな菩提樹の下で憩いのひと時を楽しむように、従業員が仕事の気分転換やランチ、ミーティング、集中ワークなど、思い思いの時間を自由なスタイルで過せる場。

図書スペースとの融合も大きなポイントで、40年の歳月をかけて世界中から収集した社の貴重な文化コレクションを開放。アイデンティティが凝縮されたクリエイティブの源泉となっています。

シルクロード